適量のコーヒーを飲む男性の性欲旺盛

適量のコーヒーを飲む男性の性欲旺盛医網要旨:アメリカ著名的医学専門家は、コーヒーにはセックス一定の影響、適量に役に立って、過度には有害.専門家によると、コーヒー影響性愛ので、それは、交感神経と副交感神経が直接影響.アメリカ著名的医学専門家は、コーヒーにはセックス一定の影響、適量に役に立って、過度には有害.専門家によると、コーヒー影響性愛ので、それは、交感神経と副交感神経が直接影響.交感神経と副交感神経に脳の制御は互いに消長:昼間は外部の環境の刺激で、交感神経優位の人を興奮させます;晩眠る時、副交感神経優位のリラックス.もし性愛前2杯のコーヒーを飲んだ以上、交感神経が興奮しすぎて、人は生まれないたるみ、喜びの気持ちで、性愛の美しい気持ち焦らされに代わり、性欲が下がり、性生活の質もは大きく割引をし.もし、性生活を超えた後に飲んでコーヒーを二杯、人体は依然として興奮状態に役立たない、体の回復.しかし、交感神経が興奮しやすくないとか、体が疲れない性欲の人にとって、性愛前に1杯のコーヒーを飲んで、自分の情緒を掘り出せ、人体を高める外界の刺激の感度で、性生活に対して発生の快感特別印象が深い.そして研究によると、性愛前に1杯のコーヒーを飲んで、性高潮早めに現れて、しかも女性より男性の作用の作用により明らか.

風邪薬の効果と役割

風邪薬は使用する治療風邪、煎じ漢方薬と西洋医学、顆粒などを含む様々 な薬を指します。
西洋医学療法
寒冷療法は、鼻づまりし、鼻の腫れを和らげるための毛細血管の鼻の混雑を軽減するし、鼻分泌物を減らすために設計されています。 さらにも役立ちます維持滑らかで口耳管の二次感染を防ぐために。 短い風邪の発生率のための症状は複雑、従ってところ薬物問題を解決できるすべてこれら、医学の化合物の調製を風邪を治すために使用されるので。
グループに一致します。
A, 解熱鎮痛剤: 発熱、頭痛、関節痛、アスピリン、アセトアミノフェン、ジクロフェナクなどの他の症状。
鼻の血管収縮薬 B: 副鼻腔と鼻腔粘膜の血管の充血を和らげるため、PPA プソイド エフェドリンなどの副鼻腔炎の症状を和らげます。
C、ヒスタミン拮抗薬: 上部気道分泌物が乾燥し、厚く、くしゃみを低減しており鼻漏液もクロルフェニラミン (クロルフェニラミン) とジフェンヒドラミンなどの軽度の鎮静剤効果。
D、および中枢神経系覚醒剤: いくつかの準備に含まれているカフェイン、最初に、鎮痛剤の有効性を強化し、第二に、抗ヒスタミン薬の眠気の効果をもたらすを相殺するために。
E は、抗ウイルス薬: ウイルス核酸と蛋白合成阻害アマンタジン、moroxydine などの細胞からのウイルスの放出を阻害します。
伝統的な中国医学の治療
タイプ a と冷たい風邪: 風邪と結果のテーブル、使用可能な ganmao qingre 顆粒、家庭内で刺激的な薬を解消するため Yi 肺はネギ生姜炒め SSP サービスの 9 グラム 9 g 30 g にも利用できます。
B 風熱タイプ共通風邪: 李肺熱をクリアして緩和テーブル、風邪薬、歌った Ju 風邪薬、アンテロープの丸薬の yingqiaojiedu の選択。
熱冷 C: 適切な夏の暑さ、ガス熱や Huoxiang zhengqi 顆粒や液体の選択をクリアします。 [1]
2、一般的に使用中国のハーブ:
A 小柴胡顆粒。 シャオ柴胡顆粒 baiyunshan–shanghan のシャオ chaihu 煎じ薬で張というから派生、補強材との組み合わせで除去の効果を支持します。 風邪、インフルエンザ ウイルスを戦うことができるエアコン寒さ、熱夏風邪の免疫システムを高めることができるし、胃インフルエンザは重大な影響を持っていた。
B、ジン Xiu 唐 qingre 暁カプセル「近代的な抗生物質薬」として、薬剤、抗菌、抗ウイルス、二重の役割の 1 つであり、インフルエンザ、風邪、インフルエンザ、咽頭炎、喉の痛みによって引き起こされる咽頭炎に対する免疫力を高めることができます、上気道感染症の症状は、効果的です。