風邪薬の種類

風邪の症状に対応できる市販薬は、おもに風邪のさまざまな症状に有効な成分が配合されている総合感冒薬と発熱や鼻水など症状に応じた特定の成分を 配合した薬です。以下は詳しく風邪薬の種類を説明します。

総合感冒薬

総合感冒薬は軽い風邪に使うのが一般的です。頭痛、発熱、のどの痛み、筋肉の痛み、咳、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどといった、いわゆる普通感冒の諸症状の緩和に効果を出すように解熱鎮痛剤と鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤などを複合した医薬品です。日本では、現在一般用医薬品として広く発売されています。
解熱鎮痛剤
解熱鎮痛剤とは発熱や頭痛、のどの痛み、筋肉痛、関節痛などをやわらげます。
末梢神経に作用して痛みのもとを鎮める成分と体温調整の中枢に作用して成分や痛みの伝わりを抑える成分などが含まれる医薬品です。
鼻炎用薬
抗ヒスタミン剤を配合し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりを起こすヒスタミンの作用を抑えます。
鎮咳去痰薬
体力を消耗したり、睡眠を妨げるような激しい咳を鎮めるとともに、粘り気のある痰を喉から離れやすくする目的で処方される医薬品。単独で服用するものと、総合感冒薬などに配合される場合とがあります。内服薬の他、トローチやドロップの剤型で販売されるものもあります。
含嗽薬
口の中やのどの洗浄、消毒や炎症治療薬でのどの痛みやいがらっぽさを改善させる薬剤です。
トローチ

オススメサイト情報

シアリスは他のED治療薬と比較して、持続時間を36時間に伸ばし、世界シェア1位になったED治療薬です。性行為 … 主成分はタダラフィルで勃起への効き目は同様ですが、水に溶けにくい成分のため服用は余裕を持って性行為の3時間前などが良いでしょう。 を最大限発揮するために必要なことを紹介します.中でかまずに、ゆっくり溶かす薬で、殺菌消毒成分を配合し、のどの痛み・腫れなどに効きます。