既存5種免疫システムの風邪薬強化方法を強化する方法

はモノクローナル抗体(一種の蛋白質の薬物のタイプ)で作られ、端に設計を識別するために特定腫瘍抗原.体内に入ると、がん細胞を見分けると免疫反応が起動し、毒殺が毒殺.正常細胞を傷つけないため、治療後の副作用も少ない.

は、Bの細胞リンパがんの治療を治療する莫須腫、乳がん賀平、大腸癌、頭がんの爾などを治療する薬物も含む.

方法に|免疫検査時

抑制剤

利用薬物と事前にCTLA-4、PD-1結合をブロックし、これらのブレーキ器の機会が活性化され、回避できる免疫反応が抑制され、がん細胞に逃げない.この薬は現在も、モノクローナル抗体製.

でも、免疫反応が過度に活性化、免疫嵐になり、免疫反応が活性化、免疫の嵐となり、免疫反応が活性化、免疫反応が活性化,免疫反応が発生し、免疫反応が発生し、免疫反応が発生し、免疫反応が発生し、免疫反応が発生し、免疫反応が発生し、免疫反応が発生し、免疫反応が発生してしまう恐れがあり、免疫反応が.どのように把握、適時調整体の反応も、未来に解決する問題.

は昨年、国家衛生研究院の細胞やシステム医学研究所の医師颜伶汝がんと研究所の研究員の刘柯俊チームが発見され、利用一種の間叶干細胞が1種の細胞ホルモン分泌、間接的にコントロールPD-1、未来にも応用できる可能性がある、免疫関連疾病治療.

事実上、T細胞上の免疫検査点は2種類、光は既知、しかも薬物研究開発の試験は50種類以上.国内の中央研究院生医所長刘扶东が今も研究の一種ガラクトース凝着素など、蛋白質の中で、一部の可能性を抑え、T細胞の可能性もあると認定されて免疫検査時だが、まだ頼多く研究証明.

方法さん|伝統型細胞治療

が増え、刺激に役立つがん細胞を攻撃するNK細胞,T細胞、樹状突起.

NK細胞:NK細胞を利用して、NK細胞を大量培養して,風邪薬、患者に負けて体内に
.

●樹状突起細胞:樹状突起細胞と細胞ホルモン、腫瘍を抗原と一緒に.樹状突起細胞抗原に現れた後に、更に負け回患者の体内では、誘発T細胞.

●T細胞:直接刺激や樹状突起細胞、細胞増殖ホルモン、腫瘍抗原を待が一緒に、見分ける腫瘍抗原のT細胞の活性化の増殖の後、負けない回患者の体内に.

方法よんしよ|遺伝子改造細胞治療