乳房にしこりが現れて、風邪薬私は乳癌を得ましたか?

乳房が異状が現れた時、特にしこり、どのように確定するのは良性あるいは悪性の腫瘍か
?どのように医者に治療を治療しますか?

1種の乳房は異常に特別に気をつけて特に気をつけて?

思春期から女性の乳房はだんだん発育、にじゅう歳くらいまで熟して、乳房の発育を完成した後、女性ホルモンの影響を受け、生理的可能性が腫れ物、つまり月経潮先日、調子が悪くて、痛みが腫れ、触れかもしれない時に触れる塊が、これらの状況月経週期が終わった後に属する和らぐ消えて、正常な生理現象.

このため、乳房が異常に出現する時、初歩は先に自ら判断して、異常な情況は最近現れて、やはり過去よく発生します?月経が来る前に発生して、月経が終わってから消えて、やはりずっと存在していません.もしも過去はあったこれらの現象、あるいは最近の腫れ感、腫れと以前と違い、例えば腫れが大きく、硬く、脇に触れる腫れて、甚だしきに至っては非授乳期、乳首が分泌物、あるいは乳頭・乳輪部(赤い湿疹かゆみ、剥離、落屑)など、警戒心を高め医者に、是非、キャセイ病院乳癌センターの主任医師の話杜世兴.

オッパイ:オッパイ:乳房のしこりは痛みは良性、痛みは悪性か?

くれぐれもの塊と痛いは乳癌、痛みのないが,杜世兴医師正しくない観念を正す.は約90%以上の乳房の悪性腫瘍(乳がん)初期は痛いが、ご~10%程度の痛みなので、そのため軽視は、遅延医者にかかる.




一般外科、乳房(外科)外来、または病院が乳房センターまたは乳癌センターとして設立されている病院が設けている.書留にしてから、医者の専門、オッパイ専門医.

オッパイ:オッパイ:乳房検査はどれら?どのように乳房のしこりは良性あるいは悪性か?

まず、医師会問い合わせ病歴,例えば年齢、月経の史、かかつて出産や授乳、家族の中でも、母の姉妹が経験乳癌、使用避妊薬やホルモン、乳房が過去か異様、またはかつて手術など.

そして、予備透過視診や触診、検査の乳房や乳首の大きさや形状、皮膚があるかどうか、へこみやはれもの、非対称脱皮、皮様,風邪薬、異常分泌物や、しこりがあるかどうか、腫れの数、硬度、形など、同時にも検査リンパ腺の状況.