灸美容灸後風邪薬渓穴治麦粒腫

灸後渓穴治麦粒腫?後渓穴は手太陽小腸経所注を負けの穴も、八脉交差穴の一つ.だけではなく手太陽小腸経脈のにも、14経絡の集まるも、特に陽明経絡との密接な関係.今選択後渓穴に経絡に通、主治医に及びの原則.灸法者で、モグサは温経散るのは冷たくて、血行をよくすること風を取り除く、除湿鎮痛作用、下痢を補ってから実虚の効果.

麦粒腫を眼科一般的疾患の一つ,漢方本病呼称が多く、縫い目など、目を盗んで丹、針、土疳熱瘡ができるなど、実.罹患部位はまぶた、多くの患部は、まぶたの外部、少数はまぶたの内、俗称で針を盗んだ.

操作方法:

操作方法:

いち、壺を取る方法:後渓穴を握りしめ、手のひらの上に,第5掌指関節後尺侧、ストライプ頭に赤白身こみで取る.

に、灸すえる方法:モグサピンチ割穀粒大のもぐさを取って、左灸を右右、左の灸法として、つぼの上り直接灸、待もぐさ焼きを灰、加えて炷、二炷、連続灸~3壮まで.

さん、治療効果:経に方法灸すえるようになった後、未膿の麦粒腫を自分で消えて、二度と割膿;もしは膿の麦粒腫,風邪薬、灸すえる後三日目から崩れる膿、三日後に膿が清、局部の傷あとを殘さない.一般患者は、1度の灸をして、繰り返し発作の患者、灸を2度の後にして根治することができます .