やせている女にじゅう権威に子宮知識警戒の風邪薬子宮頸の炎

30歳後に子宮の機能は毎年3 %のスピードで徐々に衰退していくことを注意して、30歳後には子宮の機能はだんだん衰退していく.今からあなたの子宮を加護して、それとあなた“矛盾する矛盾”の時すでにすでに間に合わない!

BB房の子宮とは、妊娠に関係しているということではありません.世界保健組織医学専門家の予測、子宮疾患が乳腺ガンに代わり、女性が主に関心の健康問題になり.

p> <いち、ホルモンの災いを招く、慎重に訪ねて美容院

には慎重に美容院に訪問

を訪問するあなたはまだ35歳にならないなら、月経正常、肌はすべすべ、頻繁に美容院に行ってはいけない.世界保健組織調査で発見、多くの美容院は速度白の効果を追求、自作の天然マスクなどの製品に大量エストロゲンが入って、子宮壁靭性が低下、薄弱になります.必ず美容院に行って,メンテナンス品を持って行って、製品の中のホルモンを顧慮する必要はありません.

2、性友としても、驚くほどではない私は性の友は、子宮頸は危険です!アメリカ医学の専門家は、女は3つ以上の友達が持つ、子宮頸炎の危険が増加することになる.専門家は強調するではなく,風邪薬、セックス回数による子宮頸の炎ではなく、男の粘液が入って女の人の体内の後、子宮頸がきっと適応性が、粘液があまり種類が多く、子宮頸を適応炎症があるので、気をつけないと.

3、深海の魚を食べて子宮の子を加護します

深海魚を食べて、子宮の加護をします魚の女の人はお米を食べている!フランス医学の専門家は、サンマ、マグロなどを含む深海魚に大量Omega-3脂肪酸を女性の体内プロスタグランジン分泌量.プロスタグランジンは1種の子宮収縮、筋肉の痙攣の脂肪酸、プロスタグランジン分泌が少ないほど、35歳後に子宮内膜症の危険が小さいほど.

よんしよ,毎週2時間収縮力向上に泳ぐ

水泳はダイエットすることができなくて、子宮に対して更に良いです!スポーツ医学の専門家は、水泳は子宮の最も効果的な運動方式を鍛えることです.毎週2時間さえ保証水泳、収縮力が上がると1割以上
.収縮力増強できるだけでなく、生理痛や月経期前後の減速を背中の痛み、またあなたの将来の出産も楽になる多くの.