秋養生「4大名補」はあなたにどの風邪薬ように正しい保健を教えることを教えることを教える

秋の天気は涼しく乾燥

は、肺を潤すことに最も適切な養陰の季節.秋には独特な食事療法方法があり,その中に4大名補は、秋養生の食べ物、次は、この4大名補のレシピを見てみましょう!秋の養生のレシピ私たちの体も脆弱になり、風邪、咳、肺病、心臓病など慢性病はこの季節にも再発しやすいです.だから、秋は適切に進むことに補う.

事実上、本当の“養生の達人”、そしてあれらの貴重な中に草の漢方薬の漢方薬の漢方薬の薬、健康な品ではなくて,私達の身の回りの少し普通の食材.特に次の4種類の果実、組み合わせは適切で、正しく食べる、秋の4大名補.

鹵ピーナツ

鹵ピーナッツ

1つの材料:ピーナッツ200グラム,
勃起不全をシアリスで即解決,風邪薬、八角2個、桂皮2枚、ラウリン2枚、塩1小勺

は塩1小勺

方法:いちピーナッツため薬局さんじゅう分の予備を早めに.

はピーナツの高さ、塩以外のすべての調味料を入れ、煮沸後に大火5分、塩の中火十分間.

コツ:いち、早めのため薬局煮易熟で、容易に混ぜ.2、炊けの後に山椒を取り出し、他の調味料は味を殘、ピーナッツはふだん中に浸して、食べる時は今すぐにすくっ

pは、栗栗鶏

では

材料:鶏全足いち、栗200グラム、砂糖小さじ1、濃口醤油、みりん各いちの大きいスプーン、塩小さじいちたまり醤油、適量、葱段にんにく、姜適量

方法:いち鶏塊を切って.まず、水に浸し出血.鍋に油を少し入れて香に破裂して、姜葱蒜、鶏の肉を入れて、中小火まで炒め微黄さん.を栗、砂糖、みりん、いつも引き出して、濃口醤油炒め均一、鶏よんしよを塗る.を過ぎていない鶏の水、大火は沸ご.塩を入れ、弱火で煮込みから汁濃稠火を止めろく.振りかけワケギの花で盛りつけ

『p』キクラゲ蓮子羹

材料:キクラゲ、蓮子、ナツメ、クコの実、それぞれ適量氷砂糖.

方法:いち、白きくらげ清水で泡を開いて、底に黄色の塊剔出、そしてちぎっ予備.普通は3、4つのはできます.2、蓮子は中間の無芯のが必要で、苦しみ、放置してどのくらい自分の好きになります.清水さん、屠畜場を入れ、水を十分に一度、蒸発の余地を煮て、過程の中でない水.よんしよ、キクラゲ、氷砂糖(左官くらい)、ナツメ、クコ冷水の中、火を加熱し、煮沸して、きっと絶えずに混ぜ鍋を防ぐために、白きくらげコロイド接着鍋煮た後に、关小火煮込み、もどんどんかき混ぜ鍋.5、蓮子は熟した後に入れます.ろく煮え立つ後、引き続き煮込み、白きくらげ膠化まで、スープのとろみで.

効果:滋陰肺を潤すこと睥を鎮め、補って.適用心は不眠、空咳痰が少なくて、口がただ飲み込んで、食の少ない疲労など症.>