秋には心肺風邪薬として臓を補う

は秋に入ってから、肺も臓は非常に重要で、私たちは食の方式で調理することができます.では、どんな食品を食べて肺肺を飼って、肺の結核の早期症状はありますか?P食雑炊心肺

秋に入った後、1日の3度の食事の食べ物宜を養陰唾液の分泌を促進しての品を主に、ゴマ、蜂蜜、梨、蓮子、キクラゲ、ブドウ、大根、野菜などがみずみずしい少なく辛い食べ物、燥熱の品で、必要な時には服のサプリメントが、は点検して、できない大补.以下药粥試してみる価値は:

PPPは5グラム、発泡後米50~100グラムで研ぐ.そして蜂蜜の適量,混ぜるだけ.

レンコン、レンコン大粥

レンコン10グラムは、みじん切り,米は50グラム前後と同煮.煮た後に蜂蜜をプラスする.

山芋、山芋大粥

山芋100グラム、米は50グラム.山芋はおかゆ、米浚う、1、1日2回食.

p棗キクラゲ羹羹

1、大きいナツメの10枚、適量の水煮一、二個時間,風邪薬、そして砂糖または氷砂糖食用にする.