喉の痛みの原因と改善方法について

♣喉の痛みの原因

日常生活を送っていてなんとなく痛いな~。病気ではないけれど、発症するのどの痛みについて原因を知ることにしましょう。

のどの痛みの原因としては、風邪・インフルエンザが大半を占めています。

風邪をひいたとき、インフルエンザにかかった時、細菌やウイルスが咽頭や扁桃に感染。そこで、増殖し始め、痛みを感じさせています。

いつもの健康な状態であれば、しっかり免疫力が付いていますので多少の細菌・ウイルスの侵入を防ぐことが出来ます、撃退する力を持っています。

しかし、免疫力が下がった状態では、この力以上に細菌やウイルスの増殖出来る、棲みやすい環境に体は変わってしまい、細菌やウイルスは威力を増します。そこで増殖、そして痛みが現れるのです。

♣喉の痛みの改善

◊水分補給

水分補給することで、体内を潤し細胞膜も潤してくれます。それで、温かい水をたくさん飲んでください。

◊薬用ドロップやのど飴を舐める

メンソールやユーカリののど飴を舐めて炎症を和らげましょう。そして帰ったら、しっかり喉を労ることが大事です。外出先でも簡単に出来る方法はありますが、これで便利ではありませんか。先ほど話させて貰ったように、のどは細菌やウイルスによって粘膜を傷つけられています。自宅に帰ったら、しっかり対処していきましょう。

◊体を温める

体内の血の巡りを良くしてください。少しの簡単なストレッチをして、血行を促進させます。血液を巡らせ、喉の細胞にも栄養を補給しましょう。

3.喉の乾燥は大敵

職場では暖房、どうしても乾燥してしまう。そんな環境で仕事をしている方には酷かもしれませんが、しかし、マスクを付けるだけでもしっかり喉の乾燥は防げます。手持ちがない場合は近くのコンビニ・ドラックストアで購入しましょう。そして乾燥時期には常に常備しておくといいでしょう。

◊塩うがい

毎日の手洗い・うがい。のどの痛みを感じた時には塩水でうがいをしましょう。喉の炎症に効果があります。

◊炎症止めを飲む

喉の痛みや腫れ、炎症止めを飲みましょう。

◊睡眠時は鼻呼吸

口呼吸はのどの粘膜を傷つける原因でもあります。睡眠の際は鼻呼吸を意識するようにしましょう。