自然療法は気楽にあな風邪薬たを追い払って慢性不眠症を追い払って手伝います

慢性眠れない患者にある、睡眠が淺いたり、頻繁に目覚め、総じてため意識が高く、分がすっきりしないと寝るの限界.ほとんど例外なく、寝つく困難や睡眠時間不足、異なるレベルの誇大が存在する.最多の慢性的な不眠は心理生理性不眠、すなわちのために長期的なストレスによる不眠で、眠れないの後に発生する緊張焦慮気持ちがさらに重くなって眠れないで、事実を導く患者という認識と情緒の上の誤りに対して眠れない、患者の症状の改善、非常に役立つ.

個別患者が極度に誇張、風邪薬、不眠症、薬を飲んでも豆腐に鎹が、PSG(多導睡眠図)や基本的な検査結果は完全に正常で、仮性不眠に指定され、患者と患者を受け入れたら、不药而愈.良い睡眠衛生基準を把握する:

は、良い睡眠衛生基準:

p <いち時<>に保つ、正常な目が覚め-眠リズム
p>を保つ<昼正常な精神と体力活動、適正な実施の光を強めて、人間関係は、不眠症で居眠りを除いて昼寝が、通常のほか、も強打精神活動に利益が軽減不眠や睡眠改善.

p <>に<時は、床につく前

Pは、飽和性飲料と食料、就寝前に高度集中精神の仕事と文体活動を避け、体操、太極拳と温水入浴などを行う.

p>さん<<時、注意各種
薬物
p薬物の興奮作用、不良副作用、薬の反応、薬物の鎮静作用によると、夜間居眠りなど、睡眠に影響を与えることができる、できるだけ避けて.

p〉〈時はよんしよ<>を回避に恋するベッド:
朝起きたら寝ないで、朝起きたら、寝ても、寝るにも、できるだけ、寝て、起きていることを、考えないで.目的は長びくと不眠形成条件反射を避けて.

p〉〈時はご<〉、正しく使用時の被害に睡眠
薬物
p>
;通用する各種<現在安定類睡眠薬や思诺思など、総じて、比較的安全で、ただ長く蓄えが発生後作用、耐性、依存性と止まって薬の後の様々な戒断反応を厳格に適応するため、証明と薬品使用方法.

安眠(1~2~2~2~3週間)、短期的には不眠症(2~3週間)、慢性的な睡眠薬として使用されています.