次の風邪薬駅、幸せです!

Pは生きている限り、一番幸せなことは最大の幸福だ!

————-題辞/文.雪が

私たち、歩いて人生の旅の途中で、時には笑い、時には悲しみ、時には猥て、時に洒脱.そのように、道、歩いて、ひしめく、1、駅に立って、いつも陰ながらささやき:次の駅、幸せです!

幸せは何ですか?よく人と聞いたことがある.違う人、自分が違う解答を持っているはずだ.一人で、異なった時期、自分が同様に答えます.幸福、特定の定義がないで、複製することができなくて、貼り付けていて、できません.さて、この時、あなたの幸せは何になるでしょうか.

一道に行って、見た景色、出会いの過客、すべてが交換している.自分自身、自分さえも、音の中で、変えて、変えて.総希望,あの時の荒涼の目を看破ことができる.事細か味、各種浸透、心の底の感動、それは独特の幸福.

これはそうで、静かに歩いて、1歩追いかけて1歩、1駅は駅まで立っていて.ときどき、自分は歩いて行くことができる紆余曲折道;も努力して、自分で歩いたことがあった綿綿足跡.南から北へ、西から東へ、長いのは、この長い時間に、どのくらいのでこぼことイバラ、自分自身にとっては幸せになります.

は、次の駅の幸せ、私たちは努力し、奔走している.後悔しないために、大手を振って歩くのが進み,ただ一完璧の居場所.ても、来ないから、自分に迷い途.旅路での悲しみ、喜び、悲しみ、喜び.かかわらず
,風邪薬、どのくらい苦痛、どのくらい笑い、私たちは不満足で満足させることができます.

今、必要なのは、知恵、愛は、今、ある幸せだと、必要なのは、一つの知恵です.目の前に、自分が好きになりたい.私たちは、疲れていると、私は、1つの隅には、どこにもありません.静かに、自分を舎て、捨てるのすべてのくどい、またはひそかに神伤たり、ひそかにひそかに喜ぶ.いつも、冷静で終わって脳、クリアした心境、また準備を続けて歩く途中.

一年また一年、一日一日、謎のある風景をぼろぼろになって、いっしょに日光があまねく照らす.もちろん、いろいろな嵐の雷雨、雪霜氷露、しかしこれは私達の前進の歩調.人がないことを保証することができ、この一生一緒に风顺、無礙.人は、痛みと苦しみの中で、生きてこそ、生きて、どんどん成長していくということです.

はゆっくりと、歩くこと;ゆっくりと、悟っています.その一抹、自分だけが読める幸せ.わからない、わからない、聞いた、わからない、頭の中で何度も濾過して、いつも違う甘さと蜜がある.生き抜い、1種の感謝の気持ちの気持ち、1種の満足のやすらぎ、良い毎日分秒過ぎて.それが幸せ!実は、生きている、1種最大の幸せだ.

1年に1度に1度に直面する