出会いは風邪薬歌

昔は懐かしい人に、1曲の歌を聴いていて.耳にしているのは、それだけではないのだから.

はこんなに静かな夜、あんなにたくさん、見上げると、見えないぼかしの月、未見きらめく星.漆黒の1片、夕風は顔をなでる、私の漂う思いを絡げる.失って行く、機、人、歌.この光の光の中の夜には.私の想いはどこへ行くのか、誰のそばにいる、誰の悲しみをそっと吟じうとするのか.私の苦しみ、私の苦しみ、あなたの喜びを目撃することは,多くの希望を私の苦しみ、私の苦しみを目撃することを望みます.振り返れば昔はいろいろ、すべて、やりなおしの後、思いと痛みも風に風にして行くことができます .

は雨が降るように思い、雷のように電気が如く.来る時は、ゆっくり、霧雨、あるいは慌しく、人の安らぎをわずらわさ.とにかく一つ一つの出会いは前世の再会、前世でどれだけの笑いと涙、やっと換えて今生短い日時の出会いを待って、一生に換えて未来を知らないあなたのようで、蜂蜜のように甘いのに、また苦などの蓮は、味が、で吟味.

結局は

などないあの十分安心の瀋着である.今、あなたの向きを変えてい蓬莱弱水の隔たり、彼女と人が、引き続きあの時の約束.彼女を抱きしめて、バインド優柔に、私はやっと知っていて、本は誰の優しさだけを一人.やさしい人はいつでも、今は誰に与えられますか?

pは、そのグロテスクを終え、その場に命中させてはならない.あの1世は、あなたがどれだけの愛と恨みこそ、この世には数えきれない猫の額にあるものを鼠が狙うあなた.私は生涯怪我あなたがとても深くて、やっとあなたにこの一生1刀の中に入ることをさせて、それではなくて、白い雲を見て、また忘れ難い.数度の浮瀋を経験して、また1世の感情はすべての創傷を薄めるて.

私この吟じて、その調査、けが、ナクチュ、哀.あの声、融進このうら悲しい夜、誰も見た清、聞くのが彼の紅塵のだるさを明.忘れ難い.

でも、一番古い歌、忘れられない、でも、時間の摧殘には,風邪薬、時間の摧殘があったんだ.歳月、私をそれぞれの刻に殘て、あなたを前にする.まだ次の時間列車のプッシュを待って、あなたは他人について遠くに消えていく.

すれば,私はさらにこの列車に乗って、私ただこんな時間の旅は、これを保持易动粒の心、傷つかないで、しっかりこの粒の心は変わってないよう自分に更に一回滯在経験.いつまでも心にはならない心を守り.あの本当の閑散淡淡の人をして、もう動かないで.

の但願、過去のすべての後、私は静かに座る、その淡看も引き止め、花開花落.慌しく人は殘、過客は慌しく.