夏風邪薬休みは6大注意に気をつけてはいけない

夏にたくさんの人が好きで旅をすると、しかし一部の防御措置が足を作っていたが、下に小編みあなたがどんな準備をしましょう:     ;;1、暑い夏には長い時間が日光浴、野外活動の日焼け止め油、着用日除け帽やサングラス二,風邪薬、午前じゅういち時から午後さんには紫外線最強、殺傷力の最大の時に、この時間をできるだけ少なく日光にさらされる.三、外遊前にじゅう分は、日焼け止めを塗る良い品、気にしない時、見落とした首、あご、耳など地方;また、夏の汗が出るのは多くて、汗を流すべき晒品、数時間ごとの再塗り.四、だけでなく,肌も髪も日焼けは、夏で旅をすると、最高の生活の日傘をや日よけの帽子をかぶります;その他に水泳の時は帽子を保つ、接岸した後に直ちに清水で洗い流し髪.5、もし日焼け肌は、夜間のメンテナンスを行い、選択いくつかは、瀋着な促進さや肌細胞の再生の修復液塗擦;お湯で洗い、再びにさらして避けます;同時、雑務やけどの肌にしないでください、細菌感染や傷あとを殘して.6、蚊予防のイギリス《毎日のユランズ》は、蚊が咬みた後反応が違う、対応方案も違う.1 .スズメバチ.ハチはハチの針人体皮膚内に殘って、連続刺し刺.刺された後、人々は激痛、ドラムと腫脹、冷罨法にも症状があり、痒いや炎症を軽減することができる、掻痒と炎症を軽減することができます.唇がむくみ、呼吸困難、めまいが深刻アレルギー症状,すぐに医者にかかる.2 .ミツバチ.蜂に刺されて後、先銀行カードでなどの硬い物をそっと剃って蜂の針と毒嚢、痛みと腫れが冷湿布.状況不明の場合は、酢またはソーダ水を使用しない場合、症状が悪化します.いったんひどいアレルギーが出たら医者にかかる.3
.ノミ.一匹のノミは通常5口、赤いしこりを殘.最もよくある部位は膝の下あるいは足首のまわりで、先に小さい炭酸ソーダ水で洗うことを洗い止めて.ある人はアレルギーがひどい、丘疹性じんましんが発生する、そのときに医者にかかる.4 .蚊.蚊に刺された後、しばらくしたら掻痒、肌にお年玉が現れます.が少し塗っての石鹸あるいは風油精を軽減して腫れやかゆみ.蚊がマラリアなどの病菌をして.一部の細菌の潜伏期間は14日間にわたる.だから、旅行に出かける時、虫刺されて、必ず特に重視されている.ご.ウマバエ.ウマバエ叮人が痛い、それには数分で大きなお年玉、しかもかゆみを伴う.使用したホルモン軟膏は患部を塗って、しかし用量は大きくなくて、さもなくば、アレルギーがあります.もし皮膚進入菌は、蜂窝组织炎症状につながる、を含む発熱、皮膚のむくみ、吐き気や熱が出て、時にはまた誘発喘息、めまい、呼吸困難、息苦しくて、丘疹や唇舌腫脹など深刻な症状や治療、甚だしきに至っては命の危険がある.6.シラミシラミ.シラミに刺された後、皮膚は赤点が現れ、アルコール洗浄患部、さらに感染防止.患部は普通は3週間で全快することができます.保菌ダニ伝染する恐れライム病、ライム病初期なければすなわち.